毛穴の詰まり防止洗顔の手順

毛穴の詰まりはもちろんのこと、顔の肌トラブル予防にはまず正しい洗顔が基本です。

これまでもそれなりに洗顔に気を使っていた方ならそれほど気にならないでしょうが、今まで適当にやっていたという方には少々面倒かもしれません。

しかし洗顔のやり方を変えるだけで、そのほかのスキンケア方法やほうれい線化粧品を変えなくても毛穴の詰まりや肌トラブルが改善されることがあるので、ぜひ実践してほしいです。

まずメイクをしている場合には、クレンジングで落とします。

毛穴の詰まりが気になる方は、皮脂の分泌が多いことが原因となっていることがあるので、オイルよりはクリームタイプのものがよいでしょう。

ポイントメイクなど落ちにくいメイクをしている場合は、その部分だけオイルを使うようにします。

次に洗顔の準備に入りますが、まずは蒸しタオルで毛穴を開きます。

濡らして軽く絞ったタオルをラップに包んで、電子レンジで1~2分チンするだけで簡単に蒸しタオルがつくれます。 入浴後はそれだけで毛穴が開いているので、入浴後に洗顔するのもよいでしょう。

洗顔料は、洗浄力の強すぎないものを選び、泡立てネットなどを使ってよく泡立てることがポイントです。

皮脂や古い角質を落としたくてゴシゴシ洗いたくなる気持ちがあるかもしれませんが、ここは優しく、泡で洗うことを心がけます。

そして一番大切とも言えるのがすすぎです。 洗顔料の洗い残しは、ニキビなどの様々な肌トラブルを引き起こし、石鹸カスが毛穴に詰まることで、毛穴の黒ずみの原因ともなります。

特に髪の毛の生え際や耳の後ろ、あごなどに気をつけながら3分くらいかけてすすぎましょう。

最後に清潔なタオルで優しく吹いたら、すぐに化粧水や美容液、乳液などでケアします。

当たり前と言えば当たり前の手順ですが、ちょっとしたことに気をつけるだけで肌は変わるのです。

ページの先頭へ