「佐伯チズ式」の保湿スキンケア法

夏のエアコン、秋冬の空気乾燥など、女性の肌は乾きやすくなっています。

乾いた肌は外界からのダメージを受けやすく、シミやシワ、たるみなどのトラブルが起こりやすいのが特徴です。 ここでは、美容家としても人気の佐伯チズ式の保湿スキンケア法をご紹介します。

肌の保湿には、「顔の洗いすぎ」は禁物です。

W洗顔や肌タイプに合わない刺激の強い洗顔剤での洗顔は、肌の水分保持に必要な皮膚のバリヤーである皮脂膜までも落としてしまい、肌乾燥につながります。

洗顔には肌に優しいミルククレンジングなどを使用し、その後はぬるま湯で優しく丁寧に洗い流しましょう。 メイクをしていないときは、ぬるま湯で洗顔するだけで汚れは充分に落とせます。

洗顔のあとは、化粧水・美容液・乳液(クリーム)でスキンケアを行ないます。

ひとつの化粧品をつけた後に、すぐに次の化粧品を塗るのではなく、美容成分を肌に浸透させるために3分間ほど待つのがコツです。 さらに美容成分の浸透を促すためには、少し化粧品を手のひらで温めると効果があります。

お手入れの最後には水分を補給する化粧品だけではなく、油分を含む化粧品を使用すると肌の水分蒸発を防いで肌乾燥の対策になります。

肌乾燥が気になるときは、ラップパックを試してみてはいかがでしょうか。

ラップパックは、佐伯チズ式のローションパックをより効果的にしたスキンケア方法で、ローションパックのコットンの上に市販のラップを被せるという方法です。

ラップには鼻と口の部分に呼吸用の穴を開け、コットンの上から顔全体を覆うように被せます。

ラップパックは半身浴と合わせて行なうと、さらに効果が上がります。

乾燥肌の予防や改善には、外側からのケアだけでなく体の内側からのケアも必要です。

佐伯チズ式では、1日に2リットル程度の水を飲むことを勧めています。

一見飲みにくい量と感じるかもしれませんが、この水分補給は肌乾燥対策となるだけでなく、代謝や排泄の促進、デトックスのサポートにもなり、顔のむくみや目の下クマ改善にもつながります。

ページの先頭へ