プチ整形で肌のたるみ改善

肌のたるみはメイク映えがしないだけでなく、年齢以上に見られたり疲れて元気がないと感じさせる原因となります。

ハリや弾力がなく老け顔に見えがちな肌のたるみは、美容外科のプチ整形で改善できるのでしょうか。

若々しく健康的な肌は、女性の憧れのひとつといえます。 しかし、加齢とともに肌にはハリや弾力が失われ、いわゆる「オバサン顔」と呼ばれるタイプの状態になってしまいます。

美容外科では、失われがちな皮膚のハリや弾力のキープやたるみ改善のためのプチ整形の施術を行なっています。 次に、肌のたるみ改善やハリを取り戻すためのプチ整形をご紹介します。

「顔面脂肪注入」は、最近人気のメスを使用しない(切開しない)タイプの施術です。

この施術は、自分のお腹や太ももの余分な脂肪を特殊な管を用いて吸引し、肌のたるみやハリがなくなった部分に極細の針を使用して注入するという方法です。

自分自身の体の脂肪を用いるため肌への馴染みもよく、施術完了後の見た目もナチュラルで指で触れても違和感などはありません。

加齢による肌のしぼみやたるみ、失われたハリの改善だけでなく、シワの改善などの若返り効果もあります。

メスを使っての切開を行なわない施術として、高密度の超音波を用いた肌のたるみ改善法である「ウルセラシステムのリフトアップ」があります。

年齢を重ねるとともに、顔の脂肪の減少や筋肉の下垂によって肌のハリは徐々に失われていきます。

この失われたハリを改善し肌の若返りを図るために、顔の表在性筋膜(皮膚の下の筋肉)に高密度の超音波を用いて熱エネルギーを加え、筋肉の引き上げを行なって肌のたるみの解消と若々しいハリを取り戻す施術です。

ウルセラシステムは別名「切らないフェイスリフト」とも呼ばれ、メスを使用して行なうリフトアップと同様の効果があるといわれています。 この施術は約2カ月間程度の間に徐々に現われるため、周囲に気づかれずにリフトアップできるのも好評の一因です。

ページの先頭へ